ちょっと一息!

ちょっとひと息

 

 

さて、ここまで基本的な

 

 

 

英語知識が

 

 

 

顕在化してきている状況で

 

 

 

どこまで英語に

 

 

 

自信がついたでしょうか。

 

 

 

少し、試してみましょう。 

 

 

 

テストではありませんので、

 

 

 

英文も訳例として、

 

 

 

載せておきます。

英語

 

 

 

1.ご機嫌いかがですか。

 

 

 

                                         How are you?

 

 

 

2.愛とは決して後悔しないこと。

 

 

 

                          Love means never having to say you are sorry.

 

 

3.それでも明日はやってくる。

 

 

 

                          Tomorrow never dies.

 

1.は決まり文句ですから、

 

 

 

覚えてくだい。

 

 

 

2.3.は、

 

 

 

映画のセリフや

 

 

 

タイトルですから、

 

 

 

英語を読んだだけで、

 

 

 

どこかで見たことや

 

 

 

聞いたことが

 

 

 

あるのではないでしょうか。

 

 

 

このように、

 

 

 

外国映画や外国の

 

 

 

ドラマを見たりするなどして、

 

 

 

関心のある場面の

 

 

 

セリフを覚えることで

 

 

 

もっと興味が深くなり、

 

 

 

同時に英語表現が

 

 

 

増えてきますので、

 

 

 

ぜひ一度ためしてみて

 

 

 

ください。

 

 

 

ところで、

 

 

 

日本語に方言やなまりが

 

 

 

あるように、

 

 

 

 

英語にも方言やなまりが

 

 

 

ありますが、

 

 

 

知ってました?

 

 

 

典型的なのが、

 

 

 

オーストラリア英語ですね。

 

 

 

例をあげると、

 

 

 

                                 He went to the hospital today.

 

 

 

 

彼は今日、病院へ行きました。

 

 

 

 

和文だけを読めば、

 

 

 

なんの問題もありません。

 

 

 

そうです、

 

 

英文も正しい文章なんです。

 

 

 

その正しい文章も

 

 

 

読み方が異なると、

 

 

 

聞く側は

 

 

 

戸惑ってしまう

 

 

かもしれません。

 

 

 

念のため、

 

 

 

この英文を

 

 

 

声にして読んで

 

 

 

みましょう。

 

 

 

 

                 原文の単語 役割/カタカナ表記  

 

 

                              He                匕ー

 

 

                             went to        ウェンツー

 

 

                            the hospital  ザ・ホスピタル

 

 

                             today            トゥデイ

 

 

 

 

これがオーストラリア英語だと、

 

 

                                He went to the hospital to die.

 

 

と聞こえてしまいます。

 

 

 

 

この英文を訳すと、

 

 


彼は死ぬために病院へいきました。

 

 

 

となってしまい、

 

 

 

なんだか

 

 

 

変な説明ですよね。

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

講義カテゴリの最新記事