英語でコンピュータの歴史を学びましょう!

コンピュータの歴史についての解説

 

以前取りあげた

 

 

コンピュータの歴史について、

 

 

改めて取り上げます。

 

英文

 

Personal computers are the kind we use

 

 

at home and in school.  

 

They are no bigger than

 

a television set and they are useful

 

for teaching, for small businesses,

 

and for playing computer games.

 

この英文を和文に

 

してみてください。

 

英語

 

 

 

【解説】

 

コンピュータの種類

 

コンピュータというと

 

まず思い浮かべるのは

 

パソコン、会社のデスクの上や

 

家庭にあるものだと思います。

 

コンピュータもその大きさや

 

用途によって以下のような

 

種類があります。

 

*メインフレームコンピュータ mainframe computer

 

汎用コンピュータ(general purpose computer)

 

ともいわれ、事務計算や科学技術計算や

 

制御などの様々な分野で用いられています。

 

その大きさによって、超大型、大型、中型、

 

小型というようにシリーズ化されていますが、

 

メーカー間での互換性はありません。

 

*スーパーコンピュータ              super computer

 

科学技術計算専用の超高速演算の

 

コンピュータで、原子力開発や機械工学、

 

流体力学等の分野で使用されています。

 

*ミニコンピュータ mini computer

 

小型のメインフレーム・コンピュータよりも

 

小回りがきき、低価格のコンピュータ、

 

ミニコンと略称されています。

 

*ワークステーション workstation

 

性能はミニコンより低く、

 

パソコンよりは高いですが、

 

その区別は多少曖昧です。

 

大きさもパソコンと同じくらいで

 

技術者や研修者が机代わり

 

(その名のように作業場所として)

 

利用できる環境になっています。

 

ワークステーションは

 

通常ネットワークで結ばれ、

 

UNIXと呼ばれる

 

オペレーティング・システムOS)

 

のもとで稼働します。

 

*パーソナルコンピュータ personal computer

 

いわゆるパソコンのことです。

 

その大きさからデスクトップ型、

 

ラップトップ型、ノートブック型

 

などに分けられます。

 

一般にワープロ、表計算、

 

グラフィック、ゲームなどで

 

使用されています。

 

*マイクロコンピュータ micro computer

 

コンピュータを部品化した

 

超小型コンピュータで、

 

いろいろな呼びかたが

 

ありますが、

 

マイクロコンピュータや

 

ワンチップマイコン(one-chip microcomputer)

 

マイクロCPU(micro CPU)

 

マイクロプロセッサ(microprocessor)

 

といい、

 

マイコンと略称されます。

 

この小さな部品の中に演算、

 

記憶、制御、入出力の機構を

 

組み込み、超LSI 技術を用いて

 

一体化したものです。

 

エアコンなどの家電製品の広告で

 

「マイコン制御」ということばを

 

耳にしますが、

 

その製品の中に

 

マイコンが

 

使用されているのです。

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

講義カテゴリの最新記事