英語表現 すみません

和文 

 

 

(会議中に隣の席の人から、何か資料を手渡されて)

 


すみません。

 

 

これを英文にしてみてください。

 

英語

 

「すみません」の英語表現は、以下の2つが一般的です。

 

 

 

英文1

 

 

           I’m sorry.

 

 

英文2

 

           Thank you

 

 

さて、状況からはどちらの英文が

 

 

適切でしょう。

 

 

今回の場合は、英文2が適切ですね。

 

 

つまり、「すみません」とは、

 

 

相手が何かしてくれたことに対して、

 

 

感謝の意を表す、

 

 

つまり「ありがとう」

 

 

ということでもあります。

 

 

日本では、相手が自分に対して

 

 

何かをしてくれて申し訳ない、

 

 

という謙虚さが美徳とされる伝統

 

 

がありますので、

 

 

日本語も謙虚な表現に

 

 

なっている、ということです。

 

 

「すみません」そのものは、

 

 

表現としてもちろん英文1の

 

 

      I’m sorry.

 

 

があります。

 

 

単純に、

 

 

                               Sorry 

 

 

だけで良い場合もあります。

 

 

 

また、「申し訳ありません」という場合は、

 

 

 

                                    Sorry about that 

 

 

 

になります。

 

 

 

ちなみに、外国人、

 

 

 

特に英米人は、

 

 

 

日本人ほど頻繁に

 

 

 

「すみません」とは

 

 

 

いいません。

 

 

今回説明したように、

 

 

 

日本語では「すみません」

 

 

 

であっても、ほんとうは

 

 

 

「ありがとう」という意味の

 

 

 

場合が多いので、

 

 

 

日本語で「すみません」の場面では、

 

 

英語では

 

 

 

                                           Thank you 

 

 

と表現することを

 

 

 

まず考えてください。

 

 

英語で

 

 

 

 

                                                 I’m sorry. 

 

 

 

などと言ってしまうと、

 

 

 

相手にこちらの非を認めた、

 

 

 

と理解されてしまいます。

 

 

 

例えば、初対面で、

 

 

 

「お忙しいところを、すみません。」

 

 

 

のつもりで、

 

 

 

Sorry for your busy time” “I’m sorry that you are so busy.

 

 

 

などと言ってしまうと、

 

 

 

「忙しくて気の毒ですね」、

 

 

 

というふうに理解されてしまう

 

 

 

かもしれませんので、

 

 

 

この場合は、

 

 

 

                               Thank you for your time 

 

 

 

と伝える表現を覚えてください。

 

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

講義カテゴリの最新記事