【仕事の英語】基礎編 その10

 

英語

 

義務教育を修了した日本人ならば、

 

 

 

中学英語の知識は

 

 

 

記憶に蓄積されています。

 

 

 

その知識を記憶の奥に

 

 

 

しまいこんでしまっている状態ですので、

 

 

 

すぐに引き出せるように、

 

 

 

準備をしていきましょう。

 

 

 

さて、時制についてのおさらいです。

 

 

 

時制には、現在形、過去形、未来形、

 

 

 

現在完了形、過去完了形、があります。

 

 

 

完了形については、

 

 

 

日本語にはない時制ですので、

 

 

 

しっかりとその使い方を

 

 

 

把握してください。

 

 

 

現在形は、現在にことについて

 

 

 

説明する場合の表現方法です。

 

 

 

例えば、「あなたは学校へ行きます」は、

 

 

 

You go to school.

 

 

と表現します。

 

 

 

これが、「彼は学校へ行きます」であれば、

 

 

 

 He goes to school.

 

 

と表現します。

 

 

この二つの文章を比較すると、

 

 

主語                   You                       He

 

 

動詞                   go                         goes

 

 

目的語           to school                   to school

 

 

 

となります。

 

 

主語が「あなた」と「彼」では、

 

 

 

動詞「行きます」が異なっています。

 

 

 

あなたは                  go

 

 

 

彼は                         goes

 

 

 

このような動詞の変化は、主語で決まります。

 

 

「あなたは」 という主語には、

 

 

「わたし」が直接向かって話しています。

 

 

「彼は」 という主語には、

 

 

「わたし」が直接向かって話していません。

 

 

これを文法的には、それぞれ

 

 

「わたしは」 一人称、

 

 

「あなたは」 二人称、

 

 

「彼は」   三人称、

 

 

となります。

 

 

 

さらに、「わたし」「あなた」「彼」は、

 

 

すべて、ひとりです。

 

 

文法的にはこれを、「単数」といいます。

 

 

つまり、

 

 

 

「わたしは」 一人称単数。

「あなたは」 二人称単数、

「彼は」   三人称単数、

 

 

 

 

となります。

 

 

 

そして、主語が三人称単数の場合に、

 

 

 

動詞が変化します。

 

 

 

変化するといっても、

 

 

 

基本的には、動詞の原形 + s

 

 

 

ですが、go  の場合は

 

 

 

表記の関係で、    goes

 

 

 

となります。

 

 

 

ちょっとむつかしくなりましたね。

 

 

 

このような英語についての基礎知識を

 

 

 

思い起こして、今の英語力に

 

 

 

自信を持っていっていただきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

英語基礎カテゴリの最新記事