【仕事の英語】基礎編 その8

 

英語

 

基本的な文法の解説では、

 

 

どうしても難しい表現を使ってしまうことが

 

 

あります。

 

 

 

その場合、先ず参考書などでお調べいただくことを

 

 

 

お勧めします。

 

 

 

また、わからない単語などは

 

 

 

辞書でお調べいただくことを習慣づけてください。

 

 

 

さて、「仮定法」の説明をしましたが、

 

 

 

この「仮定法」は、中学3年の英語の授業で

 

 

 

少しだけ出てきます。

 

 

 

もっとも私の時代のことですから、

 

 

 

今は違うかもしれません。

 

 

 

間違っていましたら、ご容赦ください。

 

 

 

そして、「仮定法」について

 

 

 

不明な点は、まずご自分で調べてみてください。

 

 

 

そうすることで、いわゆる「英語脳」が

 

 

 

活性化していきますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

英語

 

 

その仮定法ですが、重要なのはやはり、時制です。

 

 

 

英語の時制には、現在形、過去形、未来形に加え、

 

 

 

現在完了形、過去完了形、未来完了形、がある、

 

 

 

と述べました。

 

 

 

日本語では英語ほど時制を細かく分けていませんので、

 

 

 

理解しにくいかもしれませんので、

 

 

 

例文を使って解説していきますね。

 

 

 

完了形で基本となる現在完了形について、

 

 

説明します。

 

 

 

現在完了形とは、文字通り

 

 

 

現在の完了した動作状態を表します。

 

 

 

例えば、「(わたしは)ちょうど食べ終わりました。」

 

 

と言う場合、

 

 

 

   I have just finished eating.

 

 

と表現しますが、

 

 

 

この例文で使われている、

 

 

 

have finished

 

 

が、現在完了形です。

 

 

 

言い換えれば、文法的には

 

 

 

 have + 過去分詞

 

 

 

で構成します。

 

 

 

ここで、「過去分詞」というのは何だ?!

 

 

 

と思われているかもしれませんね。

 

 

 

過去分詞とは、このように(現在)完了形に使われる、

 

 

 

動詞の原形が変化した品詞です。

 

 

 

基本的には、規則変化といって、

 

 

 

動詞の原形の語尾に、+ ed

 

 

 

をつけるのですが、今回の例文のように、

 

 

 

不規則に変化する動詞もあります。

 

 

つまり、動詞「食べる」は、

 

 

原形                                  eat

 

 

 

現在形                              eat

 

 

過去形                             ate

 

 

過去分詞                         eaten

 

 

と変化します。

 

 

 

これは覚えるしかありません。

 

 

 

それに対して、規則変化する動詞として、

 

「~へ語る」という

 

 

          talk

 

 

を例にすると、

 

 

原形                                     talk

 

 

現在形                                 talked

 

 

過去形                                talked

 

 

過去分詞                             talked

 

 

 

と規則的に変化します。

 

 

 

このような規則変化は、動詞の原形 + ed

 

 

 

と覚えてください。

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

英語基礎カテゴリの最新記事