【Yahoo知恵袋】英語に関する質問に答えます その9

Yahoo知恵袋にある

「英語」の悩みについて、

勝手に答えていきます!

こんな悩みです

↓↓↓

 

ビジネスの言葉は「英語」だと聞くこともありますし、もちろん日本国内だけの仕事もあり、英語使わない人もいっぱいいらっしゃいますが、グローバル化が進展して、英語でバリバリ仕事されてる方も多々いらっしゃいます。ただ、思ったんですが、そういう世界になると、native(ネイティブにもいろいろ
いらっしゃるのは分かりますが)って、
圧倒的に有利なんじゃないかなぁ、
と思ったりします。英語勉強しなくてもいい、は言い過ぎですが、

少なくとも、日本で生まれて、日本で育った人が、英語使う仕事レベルまで
行くのには、ものすごく
「英語を勉強してる時間が長い」方が、
多い気がしますし、その時間を他のことに割けるネイティブは

やっぱ有利なんじゃないかなぁ、と思ってしまいました。稚拙な意見とは
承知しておりますが,何かご意見いただければ幸いです。

 

英語

 

確かにこの質問者さんの気持ちは充分に分かります。

企業の国際化というかグローバル化が叫ばれて久しいですが、

楽天など大手企業が社内共通語を英語にする、と発表するなど、

「英語」の重要性は益々高まっています。

外資系企業に限らず、日本の企業であっても、

海外と取引をしている時代ですから、

共通言語としての英語での相互理解、つまり

コミュニケーションが必要不可欠です。

そんな状況ですから、英語でコミュニケーションができるなら

安心ですよね。

この質問者さんの「質問」が、ネイティブが有利、と言われているのが、

日本に登記されている外資系企業や日本の企業で仕事をする、ということなら、

確かに有利です。でも絶対だとは言えません。

理由は、英語ができるからといって仕事ができるとは限らないからです。

日本の仕事環境は確かにグローバル化が進んでいます。

だからと言って、「英語」がすべてではありません。

「英語」は確かに貴重な武器ではありますが、

もっと重要なのは「仕事力」です。

これから働こうとする企業が何を作っているか、どんなサービスをしているのか

など充分に知らなければ、たとえ「英語」がネイティブであったとしても、

仕事ができません。

言い換えれば、企業には「英語」はあくまでもコミュニケーションのツールとして、
本来の仕事に関する知識と経験が必要とされています。

そのような観点から、「英語」と同じくらい重要なのが「背景知識」です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

知恵袋カテゴリの最新記事